早期教育に詳しくなろう

>

早期教育について知ろう

世の中にあふれている様々な早期教育

それでは、教育法をいくつか紹介します。
・習い事型
スイミングやそろばんバレエなどリトミック。やっている人も多い。特にスポーツ関係が多い
・知育型
就学前に先取りで文字や計算などの教育を行う幼児教育
・芸術型
ピアノ、絵画など芸術系。こちらも昔から習っている人が多い
・その他
近年は、早期英語教育やプログラミング、右脳の活性化を目的とした幼児教室などもある

近年、小学校の授業でも英語教育が取り入れられており、就学前に英語を学ぼうという傾向が強いといえます。
就学前に学習することにより、授業に遅れることもなく楽しく勉強できるという利点に繫がります。
そういう点では、文字や計算を先取りする教育もそうと言えますね。
スイミングを習っている子が多いのは、水泳が上達することが目的なのなのはもちろん、体力をつけることや喘息やアトピー症状を改善させるためになど色んな面からの理由からになります。

早期教育のメリットデメリット

早期教育が必ずしも良い面ばかりとはいえません。
物事には、良い面もあれば、悪い面もあります。それをふまえた上で早期教育をするか、しないかを決めることが大事です。
ただ闇雲に早期教育をするより良いに違いありません。
また、子供によって合う合わないもあると思います。
メリット・デメリットをしっかり理解してその子に見合った早期教育をして行きましょう。

メリット
・子供が本来持っている能力の維持、向上
・右脳が鍛えられる
・年齢や達成度にとらわれずに自由に教育が受けられる
・学習面に限らず、創造性や情緒を高めるとういう利点がある

デメリット
・インプット教育の様々な弊害
・脳の機能までが発達するわけではない
・自己肯定感の喪失 (親の期待に応えられないと自分はダメな子だと思ってしまうことにより)
・子にストレスを与えてしまう
・社会性が育まれない場合がある

この場合、遊びを取り入れることにより回避できます。