早期教育に詳しくなろう

遊びを通じた早期教育の方法

早期教育について知ろう

早期教育は江戸時代または、それ以前からあったといわれています。 一旦は終焉を迎えたが、そこからまたゆとり教育時代までに盛り上がり、再び1990年代にブームが始まり現在まで続いています。 このように、何度も形を変えブームが繰り返されています。 では、具体的にどのようなものがあるのか気になるところです。

教育法は色々ある

まず、早期教育とはどのようなものなのか説明していきましょう。

早期教育とは、脳が柔軟なうちに知的好奇心を促進し、吸収する力や順応する力を持つ幼い時期に教育を開始することで脳を活性化させるという教育です。
その考えに基づき早くから教育を行うことで、より優秀な人間に育てようというのが早期教育の理念といえます。

ここで少し生物で習った脳の仕組みについて思い出してみましょう。
人間の脳は、無数の神経細胞(ニューロン)で成り立っています。このニューロン同士を結合させる部分をシナプスといいます。
シナプスが多いほど運動能力・記憶力・理解力などが、優秀になるといわれています。
神経系の成長は、0〜3歳までに80%、6歳までに90%、12歳までにほぼ100%と完成されるといわれています。
脳の成長は、12歳でピークを迎え、そのあとは老化の一途をたどるといえるでしょう。
ということは、そのことを考えるとより幼いうちに教育を始めることが良いと考えるのも当然です。
昔より「三つ子の魂百まで」と言われているように、3歳頃までに受けた教育などによって培ったものは、大人になっても影響しているということです。
乳幼児期に発達していくのは、右脳です。
右脳は、左脳に比べ感情をつかさどるため、乳幼児期は感情に流されるといえます。
また、右脳は、空間認知や図形・映像などを把握する働きがあり、直感的思考などは右脳によるものであります。
左脳はというと、3歳くらいになりようやく右脳の発達レベルに追いつきます。
こちらは、言葉を理解したり、言葉を作るなど言語に関する働きをします。
左脳は、理論的思考など理性をつかさどるものです。
大人になると主に左脳が使われます。よって、右脳を発達させるには幼少期からがいいという考えになるのです。その考えが早期教育に繫がります。

おすすめリンク

少し違った視点から早期教育についてみてみよう

専門的観点から早期教育について見ていきたいと思います。 早期教育は、脳科学や発達心理学と深い関係があります。 昨今、脳科学や児童の発達に関する情報を見たり聞いたりすることが多いと思います。 このようなことからわかるとおり、専門家でなくとも興味のある分野であり、知ることで実生活にも役立てていきたいですね。

身近にできる早期教育とは

さきほどでたシナプスの話に戻りますが、どうすればシナプスは増えるのでしょうか。 「嬉しい!」「楽しい!」と感じる体験がその数を増やしていくのです。その結果、能力が開らかれます。 子供の脳を発達させるためには感情豊かに育て経験を積むことが何より大切なのです。